特長 - 医療保険 新CURE Support[キュア・サポート]

募集代理店:株式会社アイ・エフ・クリエイト

0120222500

医療保険新CURE Support[キュア・サポート]5つの特長

新CURE Support[キュア・サポート]

病気・ケガのなかでも七大生活習慣病は特に手厚く保障します。(生活習慣病充実プランの場合)

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

5つの特長

特長1病気やケガによる入院・手術を一生涯保障します。
ご加入前にかかっていた病気が悪化した場合の入院や、手術も保障します。

病気やケガで入院した場合、入院給付金をお支払いします。日帰り入院からの短期入院も保障し、保険料はご加入時のまま上がりません。

特長2七大生活習慣病による入院は、1入院の支払限度日数が拡大!
さらに、三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)による入院は、支払日数無制限!(生活習慣病充実プランの場合)

約款所定の七大生活習慣病で入院した場合には、1入院の支払限度日数が2倍の120日に拡大します。さらに、三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)で入院した場合は、支払日数を無制限で保障。入院が長期化した場合にも、しっかりとサポートします。

  • この商品における約款所定の七大生活習慣病とは、
    ①がん(悪性新生物・上皮内新生物) ②心疾患 ③脳血管疾患 ④糖尿病 ⑤高血圧性疾患 ⑥肝硬変 ⑦慢性腎不全をさします。

特長3入院の有無にかかわらず約1,000種類の手術を保障!

公的医療保険制度の給付対象となる手術・放射線治療・骨髄移植、先進医療、骨髄幹細胞の採取術を受けた場合、入院の有無にかかわらず、「手術給付金」を何度でもお支払いします。

特長4一生涯の死亡保障も準備できます。

(引受基準緩和型終身保険特約(低解約払戻金型)(2015)を付加した場合)

特長5先進医療を受けた場合には、給付金と一時金をお支払い。

厚生労働大臣の定める先進医療による療養を受けたときには「先進医療給付金」を、「先進医療給付金」が支払われる療養を受けたときには「先進医療一時金」をお支払いします。

先進医療とは?どのくらい費用がかかるの?

先進医療とは、厚生労働大臣が承認した先進性の高い医療技術のことで、医療技術ごとに適応症(対象となる病気・ケガ・それらの症状)および実施する保険医療機関(高度な技術を持つ医療スタッフと施設設備を持つ大学病院など)が特定されています。

1件あたりの先進医療費用

陽子線治療 276万円
重粒子線治療 314万円
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 58万円

厚生労働省 第61回 先進医療会議資料 平成29年度(平成28年7月1日~平成29年6月30日)実績報告

  • 受診可能な先進医療は、療養を受けた日現在に定められているものに限られ、変更されることがあります。
  • 重粒子線治療や陽子線治療は、治療する部位によって保険適用の対象となるものがあります。
  • 先進医療にかかる技術料は、その種類や実施している医療機関により異なります。
  • 先進医療の種類および実施医療機関名については厚生労働省のウェブサイトをご参照ください。

重い障害状態に該当したとき、以後、保険料はいただきません。

不慮の事故により、約款所定の身体障害の状態または約款所定の高度障害状態に該当した場合、以後の保険料の払込みは免除され、そのまま保障が継続します。

ORIX2018-F-045

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

電話で資料請求・お問い合せ